Fingers Crossed Vase

Accessories  2020

イタリアの大理石産地として知られるカッラーラを拠点とするブランド、Vie del Marmo(ビエデルマルモ)のためにデザインしたフラワーベースです。
 
 

 
このフラワーベースは、注連縄(しめなわ)をモチーフにしてデザインされています。注連縄は、現世と聖域を隔てるという結界の役割を担い、厄(やく)や禍(わざわい)をはらったりするという意味もあります。特に出雲大社で使用されている巨大な注連縄は象徴的で広く知られています。
 
 

 

 
イタリアカッラーラ地方で採掘される大理石を用い、硬質でありながら柔らかな編まれた縄の形状を表現しました。さらに本体中央に縦穴をあける事で花瓶として機能します。
 
 

 
カッラーラで採掘された白い大理石の質感はねじれた曲面形状をより魅力的なものにしています。高さは2種類あり、幸運を祈るサインである指をクロスする形状にも見える事から’Fingers Crossed Vase’と名付けました。ポジティブな意味合いを込めた佇まいは、ギフトにも最適です。
 
 

 
Photos by Akihito Mori

Vie del Marmo