Ukiiro

Ceramic Japan  2019

温度により色調が可逆的に変化するインクを用いた、カラフェ、タンブラー、カップのシリーズです。本体の温度が14度以下になると、磁器の表面に施された印刷の色調が変化し、氷をモチーフにした模様が青く浮かび上がります。

Ceramic Japan

 

 

この驚きがコミュニケーションのきっかけになったり、不透明な陶磁器の内側の水量の目安にもなったりと、新たな機能性をもたらします。冷たい模様を手で触れると、体温でも色調が変化します。
 


 

カラフェは、どのような環境にもなじむ自然な佇まいを目指して、試作段階から、石膏型まで手で削りながら形を模索しました。側面にはゆるやかなくぼみがあり、片手での持ちやすさを実現しています。全ての商品の容量やサイズはベーシックで使いやすいものに設計されています。
 


:Photos by Ariyoshi Matsuo